読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議猫ブログ別館

子育てを卒業してもうこれ以上がんばれないってなった56歳のWEB好き元主婦の日記

56歳になりました

と言っても、去年の9月からだけど。

 

そもそもこういう道に入るきっかけになったのは40歳の専業主婦だったとき、自営業の夫が突然引きこもって会社を閉鎖…収入ゼロに…という事態だったので、なんかもう、火事場の馬鹿力みたいな、追い詰められて目が血走った人みたいな状態でずっと、16年間くらい生きていたので、ようやく、人間らしい感覚が戻ってきたのは、去年の9月に、次女が一人暮らしを始めて、長女はその2年前から一人暮らしをしてるので、家の中に子どもがいなくなってから。

 

すべては子どものために、子どもを心配させずに大きくするために、やってきたことだったんだなーと、はっきり分かった。子どもがいなくなったら、もう全然、今までやっていたようなこと、仕事にしても、その他の行動にしても、続けられなくなっちゃって。

 

がんばれない。

興味がない。

やりたくない。

 

趣味だったWEBも、いつのまにか仕事になっちゃって、気がつけば本音を書ける場所がひとつもないという現状。(それでこのブログを再開したのですが)

本末転倒だよね。

思ったことをそのまま書きたくてWEB始めたのにね。
今じゃあ、めちゃ不自由。
お仕事がらみの人が読むから、滅多なこと書けないなんて。

 

まあ、いいんだけどとにかく、40歳の頃は世間から見れば中年だけど自分ではまだまだやれる、がんばれる、有名になってお金持ちになって成功してやる!この過酷な運命を見返してやる!とか思ってた。

50歳になったときもあまり違いは感じなかった。

 

でも52歳くらいのときに、「あれ?」と思った。

みんながしゃべってることが面白くない。興味がない。みんなといっしょにチャレンジとかしたくない。

お金儲けとか、ビジネスとか、実のところ興味がないってことに気がついてきちゃった。

 

そして56歳。

子どもも巣立った。

これからの人生は私のもの。

他の誰にも捧げない。邪魔されない。私だけのもの。

 

私はやりたいようにやる。

 

…と思うようになってる自分に気づく。

思えばずっと、幼稚園の頃から、生活を誰かに縛られていたような気がする。

行かなくちゃいけないところや、やらなくちゃいけないことが、毎日必ずあって、私を縛っていた。

 

けれども、今なら、それを減らせる。ぎりぎりまで減らせる。

 

そう思うと、これ以上私を縛るものなんて、たとえ仕事でも無理。

 

56歳にとって、自由が一番大切だとは、予想しなかった未来です。